目の下たるみ、目袋にアイキララが効果ある?

目の下たるみ、目袋にアイキララが効果ある?

目の下たるみ、目袋にアイキララが効果あり?

 

「若いときは、こんなことはなかったのに」
「いつから、こんなに老けていたのかしら?」

 

仕事に疲れ、睡眠不足が続いた日の朝、鏡を見て驚くことありませんか?目の下に現れたクマと、ぷっくりふくれ垂れ下がった目元の皮膚。

 

目元たるみの原因は、加齢、脂肪、筋肉の衰え、眼輪筋です。

 

加齢

 

目の下のたるみの1番の原因は、加齢と共に衰える目の周囲の筋肉です。筋肉が衰えることで、脂肪が下がり目の下のたるみが生まれます。

 

目の周囲は特別皮膚が薄いため、皮膚のたるみがとても目立ちやすいのです。また、肌の潤いを失うことでハリ・弾力が減少し、たるみが現れるのです。

 

眼窩脂肪のふくらみ

 

眼窩脂肪とは目の下のふくらみ部分の脂肪をいいます。これは年齢と共に次第と飛び出しふくらみの原因となるのです。これにより目の下の皮膚がたるんでします。

 

この眼窩脂肪により作られる影がクマの原因となり、顔全体の印象を暗くしてしまいます。

 

また、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見る事で、目の周囲の筋肉が衰えやすくなるのもたるみの原因と言われます。

 

 

アイキララは目元たるみに効果ある?

 

アイキララは、年齢と共に消失したコラーゲンにより薄くなった皮膚の厚みを取り戻します。また、ハリと弾力を無くした皮膚を回復する効果に重点をおいて開発されているため、高い効果を得る事ができます。

 

MGA(ビタミンC誘導体)によりハリと弾力の回復を促します。さらに、コラーゲンをサポートすることで、目の下の栄養と潤いをキープし健康的な皮膚を作り出すのです。

 

また、たるみの原因となる目元の老廃物・脂肪に働きかける事で、目元をスッキリさせます。

 

目の下のクマを消すことで有名なアイキララは、そのクマを作り出す過程にあるたるみにも効果を発揮するのです。

 

 

アイキララをじっくりと使えばツボ押し効果で効果増量

 

アイキララの成分には、ビタミンKを多く含む植物由来の油が数種類含まれています。そのため、肌に吸収されるまで時間がかかるのです。

 

アイキララを目元に馴染ませたあと、浸透を促すために指の腹を使い目の下を軽く押します。その時に、目元そっと押す事で、眼精疲労・目の下のたるみに効果的なツボを押す事になるのです。

 

承泣(しょうきゅう)

 

真正面を向いたときの瞳の真下・目の中心の下、骨の縁です。 注意深く触ると、骨がなんとなく窪んでいるかな?と感じます。
そこを人差し指の腹で軽く押し、優しく下方向に向けてマッサージしてください。

 

四白(しはく)

承泣の指一本分ほど下にあります。 人差し指で5回(1度に5秒)ほど押します。

 

 

まとめ

 

目の下のたるみを集中的に改善したいと思いアイキララを使用することで、自然とツボの部分も押す事になります。それを更に意識し、数回優しく繰り返す事で、ますます目のたるみ改善をUpするはずです。

 

寝る前のリラックスできる時間に、少しだけ注意を向けてツボ押しをしてみてはいかがでしょうか?