アイキララは、ほうれい線にも効果がある?

アイキララは、ほうれい線にも効果がある?

アイキララは、目元専用のケアクリームで「シワ・たるみ・クマ」に効果的です。目元のシワ・たるみは部分的には小さいけれど、とても頑固です。

 

笑うと出来る目元・口元のシワは「表情を動かす時」「加齢と共に」できると言う共通点があります。目元のシワとたるみに効果があるのですから、共通点の多いほうれい線にも効果があっても不思議ではないはずです。

 

 

ほうれい線のできる理由

 

ほうれい線の出来る理由は、目元のクマと同様にいくつかの原因があります。

 

〇筋肉の減少

 

年を重ねる事で顔の筋肉が落ちる事が原因です。 加齢と共に筋肉が落ちるのは、手足だけではないのです。 頬の丸み部分の筋肉が減少し、顔のくぼんだ部分に垂れていきます。

 

こうして、ほうれい線のシワがくっきりと生まれるのです。 スマホやパソコンで長時間うつむき加減になることで、頬の肉が下がることも原因の一つです。

 

〇紫外線・乾燥

 

紫外線を受けて傷ついた肌が乾燥すると、肌のハリ・弾力が失われます。 それによりシワが出来やすくなると同時に、ほうれい線の原因にもなるのです。

 

〇顔の形

 

元々顔が小さく肉が薄い体質で、目鼻立ちがはっきりしている人は、ほうれい線が目立ちやすいです。

 

このほかにも顔のコリ、頬杖、普段の姿勢などで顔に不自然な圧力がかかる事も、ほうれい線の原因と言われています。

 

 

アイキララは、ほうれい線に効果がある?

 

アイキララの効果は、目の下の皮膚痩せの回復です。MAG(ビタミンC誘導体)が、コラーゲンの生成をサポートすることで、肌のハリと弾力が蘇るのです。

 

目のシワよりも広く肌に刻まれているのが、ほうれい線です。目元ほど深くシワが刻まれると言うことはありませんが、非常に気になるポイントです。

 

アイキララの効果が大きく出るほうれい線は、主に肌のたるみを原因とするものです。しかし、ほうれい線の肌のたるみは、シワの部分だけでなく頬全体が原因となるため目元と同量だけでは効果は薄いでしょう。

 

ほうれい線に効果を出すためには【大量のアイキララ】【早い段階での手入れ】が決め手になります。

 

使う時期と使う量によっては、アイキララは顔全体の若返りを促すと言えます。そのため体験談では「ほうれいせんが薄くなった!」と言う口コミを多数見る事が出来るのです。

 

 

アイキララを目元以外に利用しても大丈夫?

 

アイケアは非常にデリケートな目元ケアに使う美容クリームです。そのため顔のどの部分に使用しても大丈夫です。

 

 

まとめ

 

アイキララは、顔全体の若返りに効果的な成分が含まれていると言えます。しかし顔全体に使うとなると、かなりの量が必要なため不経済と言えます。

 

そのため本来の使用用途である目元に使うと言うのが最適ではないでしょうか?