アイキララの効果的な使用方法と、効果減少のNG方法

アイキララの効果的な使用方法と、効果減少のNG方法

若々しい目元を保つために、目元専用の美容クリームを利用していますか?

 

肌に浸透するなら順番は問題ないと、特に深く考える事無く利用している人は少なくありません。また商品によって、最大の効果を得るための順番が違うこともあるため、注意が必要です。

 

アイキララの効果を最大限に引き出し、若々しい目元を作ってはみませんか?

 

アイキララの効果的な使い方

 

アイキララを正しく使う事で、加齢による目の下のたるみ・シワ・クマから解放してくれます。その効果を実感するためには、1日2回、朝の洗顔後、夜の入浴後に利用することをおすすめします。

 

アイケアの順番は、利用するスキンケア用品で変化します。

 

【洗顔 → 化粧水 → アイキララ → 乳液の順】
【オールインワンジェル → アイキララ】

 

@ワンプッシュで左右両方のアイケアが基準量です。 勿体ないと少量しか使わなければ、十分な効き目を得る事ができません。

 

しかし沢山利用すれば早く効果が現れると言う事はありません。 適量を守ることが、最も効果を得る事ができるのです。

 

A力を入れず、指の腹で目元の気になる部分に優しく馴染ませます。 クリームが体温で徐々に柔らかくなっていくのです。

 

Bクリームが柔らかくなったところで、目頭から目じりへとクリームをのばします。

 

C肌に浸透させるために指の腹を使い、目の下を軽く押さえます。 アイキララには、米ぬか油、アボカド油、ひまわり種子油などの、ビタミンKを含む植物由来成分が入っています。

 

そのため、肌に浸透するまでには、時間が必要なのです。

 

 

アイキララを利用する際の注意点

 

・アイキララには着色料・保存料・防腐剤が含まれていません。
そのため未開封であれば2年間効果が維持できますが、開封後は2ヵ月が限界となります。
開封後はなるべく早く使いきってください。

 

・「絶対にアレルギー反応は出ない」とは言い切れないため、異常が現れた際には使用を停止してください。
異常があった場合には、返金保証が利用できます。

 

・アイキララを利用する際には、強くこすりつけないように注意が必要です。
 目の周囲の皮膚はデリケートなため、力を入れる事でたるみやシミの原因となるのです。

 

 

まとめ

 

アイキララを初めスキンケアで最も大切なのは、リラックスした状態でユックリと利用することです。忙しい、疲れているからと乱暴にお手入れをしていては、折角の成分も台無しです。

 

毎日の変化を楽しみながら、利用するのが一番効果的と言えます。