12.副作用は大丈夫? 敏感肌にも使えるアイキララ全成分をチェック

副作用は大丈夫?敏感肌にも使えるアイキララ全成分をチェック

見た目の印象が大きく現れる目元の老化は、早めに対策をしたいところです。

 

目元専用のケア用品と言うと、

  • お値段は高い
  • 量は少ない

 

と言うこともあり、試しに購入してみるのもためらってしまいます。

 

そんな商品が多い中、目元ケアで人気のアイキララは今までの目元ケア商品と比べ購入しやすい価格です。アイキララは医学雑誌に掲載されるほど効果が高いです。

 

しかし効果が高いということは、

 

「強い成分が入っているんじゃないの?」
「副作用があるんじゃないかな?」

 

と不安に感じる人もいるでしょう。

 

 

アイキララは安心して利用できる?

 

アイキララはアレルギーテスト済のアイクリームです。また、着色料・保存料・防腐剤は一切使用していないため、肌の弱い人でも安心して使用できます。

 

アレルギーを所持している方は、購入の前にはアレルギー成分の確認を行って下さい。アレルギーは無いが肌に合うケア製品と出会えないと言う人でも安心です。

 

それでも心配と言う人は、直接目元に利用せず腕などでパッチテストを行うと良いでしょう。

 

アイキララは「効果が無い」「アレルギー反応が出た」「肌荒れが酷い」などの状態に対し全額返金保証も行っています。
そのため敏感肌の人でも、気軽に商品を試すことが出来ます。

 

アイキララの成分

 

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

少量で効果のあるアイキララには、このように沢山の成分が含まれています。成分の殆どは肌に優しい成分のみで構成されています。

 

しかし、植物性の油も多数含まれているため、今まで化粧品を使ってきてアレルギー症状を発症したことがある方はアレルギーチェックを確実にしましょう。

 

 

まとめ

 

アイキララの主要成分とされるMGA(ビタミンC誘導体)は成分表には書かれてはいません。ビタミンC誘導体とは、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸を言います。

 

浸透力と安定性に優れているため、ビタミンCを他の美容成分と安定した状態で結合し肌に浸透していきます。

 

この効果により健康的でハリ・弾力のある皮膚へと回復を促していくのです。また、カンゾウ由来の抗炎症剤としての効果もあるため、肌荒れ予防にもなってくれますよ。